転勤・海外赴任時の留守宅管理/リロケーションについて

会社に務めていると、辞令として勤務地の変更が言い渡されることがあります。賃貸マンションに済んでいる方は転居すれば良いですが、分譲マンションを購入してしまったかたは支払いもあるしどうしたら良いか、不安になってしまいます。

このページでは転勤による自宅マンションのリロケーション管理という方法もある、ということについてご紹介していきます。

 

リロケーションとは

リロケーションとは、転勤者の留守宅を一定期間賃貸する業務のことです。

従来日本では、期間を限定した賃貸契約に関する法律が整っていませんでした。一度賃貸契約を結んでしまうと、正当な理由がない限り、不動産の所有者側から更新を打ち切ることができない状態でした。賃貸契約を終了する場合、立退料が必要となったりするうえ、そもそも明け渡してもらえるかも分かりませんでした。

2000年に「定期借地法」が施行されてから、日本でも期間を限定して不動産を貸すことができるようになりました。これにより、予想外の引っ越しにより自宅を空けることになった場合、期間限定で賃貸ができるようになりました。留守宅を空き家のまま放置することなく、有効活用することができますね。

自宅を一時的に貸したい人が個人で契約することもできます。しかし、不動産に関する法律に詳しくない人が直接契約するのは非常に難しいことです。ましてや海外赴任による引っ越しなど、準備に忙殺される中で賃貸契約を結ぶことは至難の業といえます。

よほど賃貸契約に慣れている人以外は、賃貸契約を介在する、リロケーションサービスを提供している会社を利用する場合がほとんどです。

比較的新しいサービスですが、需要が高まりつつあります。リロケーションサービスを提供する不動産会社も増え、最近では賃貸住宅の1つと認識されています。

 

「定期借家」の導入について

賃貸契約をする場合、一般的には「普通借家契約」を結びます。普通借家契約では、不動産を貸す側からの契約更新の拒否が難しくなります。借りる側が更新を希望する場合、貸す側は正当な理由なしに更新を拒否できません。

貸す側から不動産の明け渡しを要求することができないので、契約の更新がいつまで続くかも分かりません。契約にあたっては相当長期の契約を覚悟しなければなりません。

一方「定期借家」は、普通借家とは異なり契約更新の必要がなく、期日までで自動的に契約終了となります。転勤などで一定期間家を空けるものの、その後帰ってくることを前提とした期間限定の契約となっています。

契約期間終了後は確実に明け渡してもらえるので、留守の間、空き家を有効活用できます。

また、定期借家は入居者にとってもメリットがあります。普通借家は数年の最低入居期間が定められていることが多く、それ以下の期間で解約すると違約金が発生する場合もあります。

定期借家は短期間家を借りたい人にとっても魅力的で、入居者が見つかりやすくなっています。

 

分譲マンションの貸出しで家賃収入

マンションを購入したにもかかわらず、一時的に引っ越さなければならなくなった場合、留守宅を貸し出すことで資産運用になります

通常の賃貸マンションは、ひとり暮らしの人向けに造られていることが多いです。また、短期間で住人が入れ替わることを想定して造られています。

一方で分譲マンションは、購入者が住み続けることを想定して造られており、快適性に着目した住みやすい構造になっていることが多いです。

より上質な住空間が期待できるため、分譲マンションの方が賃貸マンションより高い家賃収入が得られるようです。目安として、分譲マンションだと約2割増しの家賃が見込めるようです。

最近は投資目的で分譲マンションを購入し、貸し出す人も多いようです。分譲マンション賃貸の人気の高さが伺えますね。

分譲マンションを購入すると、住んでいなくてもローンは支払わなければならず、所得税もかかります。家を持っているだけでは、資産を眠らせておくことになり、もったいないといえるでしょう。

しばらく家を空ける予定の場合は、期間限定で貸し出すことでうまく家賃収入を得られそうですね。

分譲マンションは人気があり、価格も上がり続けています。定期借家で貸すことでうまく資産運用し、家賃収入を維持に必要な費用やローン返済に充てるとムダがなくなります。

 

リロケーションの管理は不動産会社へ依頼

リロケーションを考える場合、家の持ち主は海外や国内でも遠隔地などへ引っ越す場合がほとんどでしょう。留守宅を貸し出した場合、様子を見に来ることは現実的でなく滅多にできません。

他人に自宅を貸し出していると、どうなっているか気になると思います。また、さまざまな管理面での不都合も出てくる可能性があります。

賃貸契約を結ぶ際にも、不動産関連の法律や手続きに詳しくないと、思わぬトラブルが発生する可能性もあります。ただでさえ忙しくなりがちな転勤や引っ越しの際に、一般の方がスムーズに直接契約を結ぶのはとても難航します。

このような理由から、リロケーションの管理は、リロケーションサービスを提供している不動産会社へ依頼するのが良いです。

不動産会社に契約から賃貸管理までお願いすれば、大幅に手間を減らすことができます。また、リロケーションについて分からないことなど相談できますし、リスクについての説明などこちらが知っておくべき情報も提供してもらえます。

借主側にも安心してもらうことができ、自分で募集を行うより早く入居者を見つけられれるでしょう。

 

大切な家の管理をしてもらうことになるので、不動産会社は信頼のできるところを選ぶことが重要ですね。口コミや評判を確認したり、ネットの無料相談を利用して自分に合った会社を見つけましょう。無料で査定依頼ができるサービスもあります。

不動産会社の信頼度としてひとつの目安になるのは、宅地建物取引業の免許更新回数です。5年ごとに免許更新の必要があるので、この情報を確認することで不動産会社の仕事の経験年数が分かります。とはいえ、その分古い体制の会社である可能性も否めず、返信や対応のレスポンスが遅いということも実際にはあるため、一概に経験年数がある、ということだけで決めないようにしましょう。

また、利用候補の不動産会社が業界団体に加盟しているかを確認することも有効です。この情報は、宅地建物取引業者名簿に掲載されている不動産会社の概要で知ることができます。業界団体では会員の指導やサポートをしているため、信頼できる不動産会社を見つける目安となります。