ご自宅の賃貸募集を検討中のオーナーさまへ

【ご自身が所有している物件について 「物件名 賃貸」でのGoogle検索結果をご存じでしょうか?】

 

賃貸募集を検討しているものの、初めての媒介依頼はどこに頼んでよいのか、わからないといった

お悩みは誰もが最初に直面するものです。

 

「ご自身が所有している物件」を借りたいと思っていただけるお客様の消費行動分析といたしまして、

昨今、iPhone・タブレット端末の普及により、多くの方がご自宅や通勤途中にインターネットを利用し

目当ての賃貸マンションを探す時代になっています。

 

ご入居者に求める属性について、一般的に下記のような方々と多くのオーナーさまが想定されております。

 

・お勤め先が安定している方

・大手法人契約を希望される方

・法人代表者さま、役員さま

・著名人の方など

 

上記の方々は、お引っ越し先を検討する際、他の購買行動と同様、目当てのエリアの目当ての物件を

ご自身でリサーチし、自分の希望条件に合致した候補となる複数の物件の名称・立地を下調べした状態で

不動産会社へ情報提供をご依頼されます。

 

ご自宅から近い不動産会社さまや、物件購入時にお世話になった不動産会社さまに賃貸募集を

依頼されるオーナーさまが多くいらっしゃいますが、ご自身が所有されている物件と検索ワードの

組み合わせ(「物件名+賃貸」や「物件名+賃貸+都心」)にて検索した際、上位表示される会社の

ホームページに自分の部屋情報が登録されていない場合、必然的にネットリテラシーの高いお客様に

対してのアプローチにおける機会損失を生みだしてしまいます。

 

【集客が低い業者さま・サブリースや家賃保証獲得を業者さまの賃料査定】 

 

賃料査定の際、集客力に不安がある業者さまから提示された査定結果が、集客力不足を補うために

市場相場から大きく乖離したものであるケースがございます。各会社の営業スタイルによって、査定結果が

増減するとはオーナーさま心理として想定外であることが散見されます。また、ご入居者からのクレームや

家賃滞納リスクをオーナーさまへ誇張して伝えた上で、サブリースや家賃保証プランをアプローチされる

業者さまもございます。こちらのケースも、会社の営業方針に即したオーナーさまへの営業アプローチとも

とれますが、「なるべく高く貸したい」といったオーナーさま皆様のお気持ちと食い違った査定結果であることは

否めません。

 

【WEB集客に特化した不動産仲介 株式会社 Modern Standard】 

 

当社は都心のハイグレードマンションを中心に、ウェブリテラシーの高いお客様をターゲットとした

WEB集客型不動産仲介業を展開しています。都心の高価格帯の物件を中心とし、

月間契約120件以上、月間800件を超えるお問い合わせをいただいております。

 

 

他社さまへ賃貸募集依頼をされている方、新たに賃貸募集を検討している方、お客様のユーザビリティが

高い弊社のホームページをご参照いただき、ぜひ賃貸募集を依頼する不動産会社の1社に加えて比較

いただければ幸いです。

 

-----------------------------------

【お問合せ方法】

 

お電話は

0120-9977-96

 

メールは

info@m-standard.co.jp

 

無料で賃料査定・弊社HP掲載可能物件調査いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 弊社オーナー様ページ http://www.m-standard.co.jp/owner/

 -----------------------------------

 

【賃貸募集の流れ】 

 

1.ご依頼・ご相談(物件査定・現況確認・募集条件確定)

2.ご入居者さま募集(自社ホームページ・知名度の高いポータルサイト・不動産流通機構「レインズ」への掲載)

3.ご契約準備

4.ご契約

5.引渡し

6.契約更新

7.退去・再募集

 

 

 

-----------------------------------